WordPressのSEO強化:高速化プラグインAutopimizeの導入

スポンサー




WordPressの高速化に関しては、以前の記事で、2つのプラグインに関し紹介してきました。

WordPressのSEO強化:高速化プラグインWp Super Cacheの導入

2018.05.02

WordPressの高速化プラグインEWWW Image Optimizerの導入

2018.05.03

今回は、HTML,JavaScript等コードを圧縮することで、高速化を図ることが可能なプラグイン、Autopimizeをご紹介します。

WordPress高速化プラグインAutopimizeとは

Autopimizeは、HTML,JavaScriptを自動で圧縮し、データ量を少なくすることで、表示スピードの向上が可能となるプラグインです。

HTMLやJavaScriptを自分でいじって、圧縮するなんてことは、初心者には到底無理ですし、ある程度分かっている人でも、画面表示が崩れたりするリスクがあるので、あまりやりたくない部分だと思います。

しかし、WordPressの高速化を目指すなら、画像の圧縮だけではなく、HTMLやJavaScriptを圧縮する必要があります。

Autopimizeは、HTMLやJavaScript等コードがわからなくても、自動で圧縮してくれるとても便利なプラグインなんです。

不具合が起きることも
コードを圧縮することで、思いがけない不具合が起きることもあります。また、AutopimizeとWordPressのテーマの相性によっても不具合が起きることがあるようです。事前に、Wordpressのバックアップを取ることをお勧めします。圧縮後はデスクトップのみでなく、タブレット・スマホ用の表示に不具合が出ていないか、十分に確認しましょう。

Autopimizeのインストールと有効化

インストールと有効化は、Wordpressの管理画面から、プラグイン>新規追加>検索>Autopimizeと入力することで、ヒットしますので、今すぐインストールと有効化をしてください。

Autopimizeの設定

メイン設定

設定>Autopimizeから、下記のキャプチャのようにメイン設定をします。

まず、3か所にチェックを入れてください。

HTMLとJavaScript,CSSの最適化が可能になります。

設定の保存を忘れずに。

追加設定

基本的にメイン設定のみで、事足りるのですが、徹底して高速化していきたいという方は、追加設定も可能です。

絵文字を削除とクエリ1文字を削除にチェックしてください。

変更を保存を忘れずに。

キャッシュを削除

設定が終わったら、メイン設定からスクロールし、キャッシュを削除をクリックしてください。

これで、Autopimizeの設定が完了し、圧縮が完了しました。

管理人AKが使うWordpressテーマ、ハミングバード!!

管理人AKが使う、WordPressテーマはAutopimizeで、特に不具合はありませんでした。

  • SEO対策
  • サイトのカスタマイズ
  • アニメーション

有料テーマを使用したいと思っているなら、まずはこれをお勧めします。ほんと簡単なので、設定が、、、

WordPressに最適なXサーバー!!

管理人AKも愛用する、高機能サーバー!!Xサーバー!!

  • 高性能
  • 大容量
  • 高速

3拍子、、、、そろっちゃってますね。しかも、安い、、、、良かったら、どうぞ。

では~

ランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサー

<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です