WordPress便利プラグインContact Form 7の導入

スポンサー




今回は、ユーザーからのお問い合わせ機能を追加できる、WordPress便利プラグインContact Form 7の導入について、解説してきます。

ユーザーからの直の意見を取り入れることは、あなたのブログの成長に役立ちますし、非常に簡単に導入できるので、ぜひ導入してください。

Contact Form 7のインストールと有効化

では、インストールと有効化をしていきます。

下のキャプチャのように、プラグイン>新規追加>検索と進み、「Contact Form 7」と入力してください。

すると、検索がヒットし、一番上に表示されるので、「今すぐインストール」と「有効化」をしましょう。

これで、インストールと有効化が完了しました。

Contact Form 7の設定

次に設定をしていきます。

まず、WordPressの編集画面で、「お問い合わせ」という項目が新たに出現したことを確認してください。(もし、ない場合はインストールと有効化ができていません。)

「お問い合わせ」から、「コンタクトフォーム」へ進むと、下のキャプチャのようにフォームを編集することができます。

「編集」をクリックしましょう。

フォーム設定

まず、フォーム設定を行います。

下のキャプチャでは、コンタクトフォーム1となっていますが、任意で名前を変更してください。

お問い合わせなどがいいかもしれません。

次に、下に移動し、実際にユーザーが入力する際の、項目の設定が可能です。

日本語表記部分を書き換えることで変更可能ですので、お好みで、設定しましょう。

メール設定

次はメール設定になります。

下のキャプチャの通り、「メール」へ移動し、お好みで各項目を変更してください。

  • 送信先:あなたのメールアドレス
  • 送信元:ユーザーの名前(そのままで大丈夫です)
  • 題名:ブログ名(そのままで大丈夫です)
  • 追加ヘッダー:ヘッダー設定(そのままで大丈夫です)
  • メッセージ本文:メッセージ本文の表記設定(そのままで大丈夫です)
  • ファイル添付:ファイル添付設定(そのままで大丈夫です)

メッセージ設定

続いて、メッセージ設定ですが、これはメッセージを送ったユーザーに対する、メッセージ設定に関する設定です。

お好みで設定してください。

ただ、そのままでも特に問題はないです。

「保存」を忘れないでください。

これで、設定は完了ですが、コンタクトフォームを使用するには下のキャプチャの通り、タグをコピー&ペーストする必要があります。

全記事下にコンタクトフォームを設置する

通常、一つの記事下ではなくサイトのホームページのメニュー部分や、ヴィジェットもしくは全記事下にコンタクトフォームを設定することになります。

今回は、すべての記事下にコンタクトフォームを設定する方法を紹介します。

Bottom of every postを導入したら、下のキャプチャの通り、プラグイン編集で先ほどコピーしたタグをペーストします。

ファイルを更新を忘れずに。

すると、下キャプチャのように全記事下にコンタクトフォームを表示することができます。

WordPress便利プラグインContact Form 7の導入の解説は以上です。

ランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサー

<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です