WordPressの高速化プラグインEWWW Image Optimizerの導入

スポンサー




前回は、高速化プラグインWp Super Cacheの導入ということで、解説しました。

WordPressのSEO強化:高速化プラグインWp Super Cacheの導入

2018.05.02

今回は、同じくWordPress高速化プラグインEWWW Image Optimizerの解説をします。

Wp Super Cacheは、HTMLのキャッシュをしてくれる、プラグインでした。

一方、EWWW Image OptimizerはWordpressで使用している、画像を最適化してくれるプラグインです。

一つ一つ、画像を圧縮して貼り付けなおせばサイトは軽くなりますよね。

でも、現実的ではありません、、、、できるならやりたくない。

面倒なので、皆さんも、避けてきたのではないでしょうか?

しかし、このプラグインがあれば大丈夫です。

適当に画像を張り付けて、重くなってしまったサイトを、このプラグインを使うことで、一括で圧縮し高速化を図ることができるのです。

EWWW Image Optimizer機能

  • アップした画像を自動で圧縮
  • すでにアップした画像の圧縮が一括でできる
  • 圧縮速度が速い

素晴らしいでしょ?

EWWW Image Optimizerの設定方法

インストール

インストールは、ほかのプラグインと変わりません。

設定>プラグイン>新規追加>検索>今すぐインストール>有効化

基本設定

WordPressの管理画面から、設定に行き、基本設定を選択してください。

メタデータを削除にチェックしてください。

これは、画像ファイルに不要なメタファイルがくっついているときに、自動で削除してくれるというもの。

変換設定

次に、変換設定ですが、下のキャプチャの通り、コンバージョンリンクを非表示にチェックをしてください。

これは、画像の拡張子を自動で変換することをしない設定になります。

画像の拡張子が変換されてしまうことによる、管理の煩雑さをなくすためにチェックすることをお勧めします。

これで、大まかな設定は終わりです。

一括最適化

スキャン

続いて、最適化をしてきます。

メディア>一括最適化>画像のスキャン

これで、圧縮されていない画像がすべて洗い出されます。

最適化の開始

すると、下のキャプチャのように、最適化開始と出てくるので、最適化を開始しましょう。

完了!!

キャプチャのように、数分~数十分待てば、完了と出てきます。

画像が多すぎると、少し時間がかかるかもしれませんが、一つ一つやるのは無駄なので、ぜひ活用して高速化してもらえればと思います。

WordPressに最適なXサーバー!!

管理人AKも愛用する、高機能サーバー!!Xサーバー。

  • 高性能
  • 大容量
  • 高速

3拍子、、、、そろっちゃってますね。。良かったら、どうぞ。



では~

ランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサー

<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です