必須ワードプレスプラグインのGoogle XML sitemapsの解説

スポンサー




今回は、ワードプレスでの必須プラグインXMLsitemapsのご紹介です。

このプラグインはご自身のサイトマップを作成するとともに、Google Search Consoleと関連付を行うことで、自動で更新することができるプラグインです。

特に開設したてのブログやサイトなどは、インデックスされず、なかなかアクセス数が伸びないなんてこともあるので、ブログを始めたら必ず設置したいプラグインです。

記事を更新しているのにも関わらず、全くアクセスがないなんてことでは、やる気に影響してしまいます。

Xmlsitemapsのインストールと有効化

まず、ご自身のワードプレスのダッシュボードで、下の画面の赤枠プラグインを選択し、新規追加を選択してください。

次に、下記の画面の右上の赤枠で、Google XMLsitemapsと検索をかけてください。

すると、左の赤枠のプラグインが見つかりますので、今すぐインストールを押してください。(私のワードプレスではすでにインストール済みなので出てきません)

インストール後、その隣に有効化というところが出現するので、有効化してください。

これでインストールが完了しました。

特に難しいことはないので、面倒くさがらずやってしましましょう。

サイトマップの送信とGoogle search Consoleとの関連付

さて、サイトマップの送信とGoogle Search Consoleとの関連付ですが、まず、下記画面の設定を選択し、XML sitemapsを選択してください。

その後、設定画面で下記の赤枠で、サイトマップを送信しますかと出ますので、送信するとしてください。(この画面ではすでに、インストール済みなので、設定済みになっています。)

これで、ワードプレス側の設定は完了です。

ワードプレス側の設定が済んだら、Google Search Console側の設定に移行します。

下記の画面で、赤枠のサイトマップスを選択し、右上のサイトマップスの追加テストを選択してください。

すると、下記の赤枠の入力部分が出現しますので、Sitemap.xmlと入力し、送信を選択してください。

これで、Google Search Consoleとの関連付けが完了しました。

無事にインデックスされると、上記の画面のようにインデックスに登録済みとのグラフが表示されます。

以上、必須ワードプレスプラグインのGoogle XML sitemapsの解説でした。

では!

ランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサー

<

2 件のコメント

  • 普通は公務員などをやめられないものですが、やめて自分でビジネスを行おうというその行動力に感服いたします。

    • 伝説の漬物様
      コメントありがとうございます。
      仰る通り、公務員をやめることは非常に痛みを伴います。しかし、そういった大衆から真逆のことをすることは時に必要だと私は思っています。特に、私のように、ビジネスで成功するためには公務員である必要がまったくありません。
      周りに左右されずに、己の信じる道を貫いてください。
      ぜひまた、当ブログにも、遊びに来てくださいね。

      PS:ユニークな名前ですね。

      AK

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です