WordPressでTwitterとFacebookを自動投稿できるプラグインJetpack

スポンサー




今回は、WordPressでの投稿記事を、TwitterとFacebookに自動投稿してくれるプラグイン、Jetpackをご紹介します。

なぜ、ブログをTwitterとFacebookに自動投稿させるのか?

ブログを始めたばかりは、記事を書いても書いても、来る日も来る日も、まったく訪問者がないなんてことが当たり前です。

でも、それが何カ月間ともなるとモチベーションも下がるし、先が見えない、、、、もうやめようかな、、、、

なんてことにも、なりかねません!!

そんなときの救世主が、SNSなんです。

特にブログとTwitterの相性は抜群です。

Facebookもブログ用ページを作成できるので活用していきます。

SNSとブログを連携し、自動投稿することで、検索エンジンからのユーザーの流入だけでなく、SNSからの流入が見込めるようになります。

これって、特にブログを始めたばかりの方には、大きなことだと思うんです。

始めたばかりの時は、まずGoogleになかなかインデックスされなかったり、ブログ自体の評価が低いので、上位表示は難しいですから。

インデックスって?

SEO用語でインデックスと言えば、クローラーが収集したWEBページのデータを検索エンジンデータベースに(処理しやすいように整理された状態で)格納されることを「インデックス化」「インデクシング」などといいますが、日本のSEOでは常用語として「インデックス化される=インデックスされる」と表現しています。

つまり、インデックスされないと、いい記事でも、検索でヒットしないってことですね。

引用:https://www.seohacks.net/basic/terms/index/

なので、ブログを始めた当初から、Jetpackをインストールし、自動投稿でSNSを活用してユーザーの流入を最大限にしましょうってことなんです。

Jetpackの利点

  • 自動(面倒でない)
  • 無料
  • 多くのSNSと連携できる
  • ほかの便利機能が満載

Jetpackのインストールと有効化とアカウント作成

それでは、Jetpackのインストールと有効化とアカウント作成をしていきます。

インストールと有効化

下のキャプチャのように、プラグイン>新規追加>検索と進み、検索で「Jetpack」と入れてください。

すると、下記画面のように検索でヒットしますので、「今すぐインストール」し「有効化」をしてください。

JetpackとWordPress.comの接続

有効化まで済ませると、下のキャプチャにあるように、JetpackとWordPress.comを接続するようになりますので、「Jetpackを設定」に進んでください。

Jetpackアカウント作成

次に、Jetpackのアカウントを作成する画面に移行します。

下のキャプチャの通り、メールアドレス、ユーザーネーム、パスワードを設定してください。

そして最後に、「Create your account」をクリックしてください。

Jetpackのプラン選択

ここでは、Jetpackのプランを選択します。

下のキャプチャの無料版を選択しましょう。

これで、インストールと有効化およびアカウント作成が完了しました。

Jetpackの設定

ここからは、Jetpackの設定をしていきます。

サイトスピードアップ設定

以前の記事にもあるように、サイトスピードアップは、SEO対策の観点からも重要ですし、収益に直接的に影響します。

まったく高速化の施策をしていないのであれば、Jetpackで設定してしまいましょう。

ただ、Jetpackでは画像の読み込みに関する対策を施してくれるだけなので、もちろんコードや画像自体の圧縮も合わせてしておくことを強くお勧めします。

執筆から、スクロールして、サイトをスピードアップの2つにチェックしてください。

そのほかにも、いろいろと設定はあるのですが、特にそのままで問題はないです。

注意点

まれに、WordPressのテーマ等と相性が悪く、画面表示が崩れることがあります。設定した後は必ず、デスクトップ表示だけでなく、モバイル版も確認してください。これからは、モバイルファーストですから。

共有設定

いよいよ、SNSとの連携です。

キャプチャのとおり、「共有」から「パブリサイズ接続」でチェックし、「ソーシャルメディアアカウントを接続する」に進んでください。

FacebookとTwitterを接続する

下のキャプチャの通り、FacebookとTwitterの横にある「Connect」をクリックしてください。

Facebookを接続

まず、Facebookを接続します。

下のキャプチャのように、どのFacebookアカウントに接続するかを選択してください。

「Connect」を選択すれば、接続完了です。

Twitterを接続

次にTwitterを接続します。

先ほどの、「Connect」を進むと、下のキャプチャのように、連携アプリを認証と出てきますので、クリックし進んでください。

すると、Facebookの接続と同じように、「Connect」とでてくるので、クリックし完了です。

Jetpackのヴィジェット

Jetpackでは、SNSのタイムラインを表示する、ヴィジェットが設定できるようになります。

外観から、ヴィジェットを設定しましょう。

当サイトだとこんな感じです。

SNSと連携させる上では、非常に便利なので、活用してください。

サイト統計機能

その他に機能として、サイト統計機能があります。

Jetpackのタブから、サイト統計情報に進むと、どのくらいの訪問者があったか、どのようなキーワードで検索されたかなど、いろいろと便利な情報が取得することができるので、活用しましょう!!

終わりに

いかがでしたか?これからのブログはSNSとは切り離しては語れないものとなっていくと思っています。

ぜひ、SNSと連携して、たくさんの人に見てもらえるようにしましょう。

では!!

ランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサー

<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です