WordPressにおけるSEOの強化:パーマリンクの設定方法

スポンサー




皆さんは、パーマリンクを知ってますか?

おそらく、ブログを始めたばかりの初心者の方は、何のことやらと言うのが本音だと思います。

パーマリンクとは、サイトURLのように、各記事に割り当てられる、URLの一部のことです。

下記箇所がパーマリンク

http://akbusinessesak.com/permalink

今回は、パーマリンクの役割と最適な設定方法を解説していきます。

WordPressでパーマリンクの設定を最適化する訳

WordPressではパーマリンクはID表記に初期設定されています。

しかし、SEO対策上このパーマリンクをID等の表記ではなく、内容がわかるように、最適な形にしなければなりません。

WordPressでは、管理画面から任意のパーマリンクに変更することができます。

なぜSEO対策上パーマリンクを最適化しなければいけないのか

Googleのコンテンツに関するガイドラインでも、謳われているように、URLを見た段階で、ある程度内容がわかるようにする必要があります。

しかしながら、WordPressの初期設定では、そのような内容のわかるパーマリンクの表記ではありません。

Google コンテンツに関するガイドライン

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

https://support.google.com/webmasters/answer/76329?hl=ja

つまり、検索エンジン側とユーザー側、双方のを加味し、以下の観点からパーマリンクを設定し最適化してあげる必要があります。

最適化条件

・短くシンプル

・見て内容が理解できる

・数字やIDではない(日本語以外)

いつ設定すればいいの?

パーマリンクは、各記事のURLの一部です。

つまり、記事が作成されてから基本的には変わらないものです。

もし、記事を書き溜めたころに、パーマリンクを変更しようとすると、以下の悲惨な事態が予想されます。

再設定で失うもの

1 SNSシェアがリセットされてしまう

2 外部サイトからのリンクが無効になる

3 内部リンクが無効になる

つまり、記事のSEO上の評価をすべて失うということになります。

これは、、、恐ろしいですね。

ですので、パーマリンクは記事を書きだす前に、しっかり設定してもらいたいです。

WordPressにおける具体的なパーマリンクの設定方法は?

ここからは、具体的な設定方法を説明していきます。

二つの方法が、主流になっていますので、ご自身で選択してください。

①投稿名をパーマリンクとする方法

→ご自身のカテゴリを変更する可能性がある場合にお勧め

②カテゴリと投稿名をパーマリンクとする方法

→ご自身のカテゴリを変更する可能性が無い場合にお勧め

設定>パーマリンク設定

①の場合は、投稿名にチェック

②の場合は、キャプチャのように/%category%/%postname%/と入力

設定の保存をします。

投稿>カテゴリー

②の場合は、カテゴリ部分の日本語表記を避けるため、投稿>カテゴリーからスラッグをそれぞれのカテゴリに設定していきます。

投稿名を英語表記へ

①と②の双方で、投稿名を英語表記に設定する必要があります。

下のキャプチャのように、パーマリンクを編集し、日本語表記を英数字表記にしてください。

以上で、パーマリンクの設定の解説は完了です。

100記事、200記事と記事が増えてからの再設定は、大変な事態になると思うので、ブログを始めた段階で、設定してください。

WordPressに最適なXサーバー!!

管理人AKも愛用する、高機能サーバー!!Xサーバー。

  • 高性能
  • 大容量
  • 高速

3拍子、、、、そろっちゃってますね。。良かったら、どうぞ。

では~

ランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です