ライティング初心者向け:WEBライティングの5つの基礎とランサーズで稼ぐポイント

スポンサー




今回は、ライティング初心者の方に向けて、WEBライティングの基礎とランサーズで仕事をするために特に重要なポイントについて紹介していきます。

副業としてライティングの仕事に興味を持っている人や、紙媒体とWEBでの違いについて知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

ライティング初心者が知っておきたいこと:紙とwebの違いについて

特徴必要な知識やスキル
紙媒体WEBよりもまとまった時間を使って、じっくりと読む人が多い。情感のある文章が求めらることも。
WEB媒体スマホを使って隙間時間で読む人が多い。・SEOの知識が必要
・簡潔に分かりやすい文章を作成する力



文章を書くことに興味がある方や、ライティングの仕事を始めたばかりの初心者の方は、まず、紙媒体のライティングとWEBライティングで求められることや必要になるスキルが違うことを把握しておく必要があります。

読む人の状況や目的などに沿ってコンテンツを企画し、文章を作成するという点では同じですが、特にWEBライティングの場合は必要になる知識も多く、それを踏まえたうえで文章を書かなければ、どんなに内容がよくても読まれることはありません。

WEBライティングで大切な5つの基礎

WEBライティング_基礎

WEBライティングで大切な、知っておきたい基礎は以下の5つです。

  1. SEOを意識する必要がある
  2. スマホ等のモバイルでの閲覧が主になりつつある
  3. 画像を効果的に使う必要がある
  4. 結論を始めに配置し、図表等を効果的に使用する
  5. 一文は簡潔にわかりやすく記載する

① SEOを意識する必要がある

WEBライティングでは、「SEO」という仕組みについての知識も必要になります。

SEOは、Search Engine Optimization の略称で、Googleなどの検索エンジンでサイトが上位に表示されるように最適化する作業になります。

SEO対策は多岐にわたりますが、まず1)読み手(ユーザー)を意識すること2)検索エンジンを意識することに大別されると考えています。

1)読み手(ユーザー)を意識すること

細々したテクニックや裏技で上位に表示することが流行した時代もありましたが、ユーザーのニーズや困っていることにしっかり寄り添った、ユーザーファーストなコンテンツを評価する流れに変わってきています。

小手先のテクニックではなく、ユーザーがどういった情報を求めているのか考えて、しっかりとユーザーに刺さるコンテンツを作成することが一番のSEO対策で、コンテンツを作成する際の土台にもなります。

2)検索エンジンを意識すること

SEO上、検索エンジン上効果的なキーワードを、検索ボリュームや競合性等の観点から選定し配置する必要があります。

まったく、検索されないキーワードを選定しても、誰も読みませんし、そもそもその記事の価値の妥当性を疑ったほうがよいでしょう。

また、見出しの適切な設定や、しっかり検索エンジンに認識される文体になっているか等勘案する必要があります。

どんなによい文章でも検索エンジン上優位でなければ、読み手にその情報が届くことはありません。

SEOがブログに欠かせない3個の基礎知識とは?

2017.12.27

② スマホ等のモバイルでの閲覧が主になりつつある

実は、PCよりもスマホを使って情報収集する人の方が多いことも、知っておくべき大事なポイントです。

スマホは、基本的に移動時間や休憩時間などのすきま時間で利用することが多いため、ユーザーはゆっくりとコンテンツを楽しむのではなく、出来るだけ効率よく情報収集できることを望むことになります。

よって、ぱっと見て内容が分かりにくいものや、文章が読みにくいものは評価されないことが多く、どんなに内容がよくても、最後まで読んでもらえない可能性が高くなります。

隙間時間でも快適に内容が理解できて、読んだ後に満足できるようなコンテンツを作成することが大切です。

③ 画像を効果的に使う必要がある

WEBライティングの場合、画像を効果的に使うことも大切なポイントになります。

これは上のスマホで見られることを意識するというポイントにもつながりますが、画像が効果的に使われているコンテンツは、それだけで一気に見やすくなります。

いかにして画像で語るかを意識することが大切ですし、基本的に文章は全部読んでもらえない可能性が高いと思ってコンテンツを作成するほうが、文章も分かりやすくなります。

④ 結論を始めに配置し、図表等を効果的に使用する

こちらも上の2つのポイントに関連しますが、コンテンツの見出しだけで、ある程度内容を理解できるようにすることも大切なポイントのひとつです。

スマホでは、流し見でコンテンツを読み進めていく人も多いため、読み始めで内容が理解できるようにしておくことが大切です。

いきなり文章を書くのではなく、記事の始めで何を伝えるのかという目的をしっかりと伝え、図表を効果的に配置し興味を持ってもらうことが重要です。

⑤ 一文は簡潔に、分かりやすく、まとめる

一文が長くなりすぎないように、簡潔に分かりやすくまとめることも大切なポイントです。

文章が2~3行以上にならないことを目安に、出来るだけシンプルな言い回しになるように内容をまとめていきましょう。

文章力に自信がない人や、勉強したいと考えている人は、書籍を購入して勉強するのもオススメです。

巨大ニュースサイト「ナタリー」の編集長が未経験ライター向けに伝えてきたことをまとめた「新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング」という本や、正しい日本語表記がまとまっている「記者ハンドブック」、そしてSEOについては「沈黙のWebライティング」という本がよくオススメされています。

加えて、これからのSEO Webライティング本格講座も、検索エンジンに対するSEOとユーザーに対するSEOに関し、詳しく謳っていますので、非常に有益な情報が得られます。

ランサーズでは幅広いジャンルの仕事が募集されている

ランサーズ_ジャンル_幅広い

実際にライティングの仕事にチャレンジしたい場合は、 ランサーズ などのクラウドソーシングを利用するのがオススメです。

WEBライター向けの案件数が色々な職種の中でも一番多く、初心者でも応募できる仕事が多いのが特徴です。

ちなみに実際にランサーズ上で募集されている案件ですが、就職活動のお役立ち記事や、様々なジャンルのモノについて紹介する記事、他にもグルメや美容など、本当に多種多様なジャンルの仕事が募集されているため、初心者の人でも一つはチャレンジできる仕事が見つかると思います。

なお、文字単価が高い案件などは倍率も高くなり、初心者は採用される可能性が低くなってしまいます。

そのジャンルの資格を持っていたり、特別な経験をしている場合は初心者でも採用される可能性がありますが、そうでない場合は、ライバルの少ない案件や複数人採用する予定の案件に応募するほうがいいです。

ランサーズで稼ぐために特に大切なことは、サンプルを用意すること

ランサーズ_稼ぐ_大切なこと

ランサーズ で仕事を獲得するためには、基本的にクライアントの募集に対して自分から提案する必要がありますが、実際に募集のテーマで記事を書いた経験があって、そういったサンプルを作品例として見せられると採用される可能性が一気にアップします。

ちなみに、初心者や未経験可という案件でも、これは変わりません。なかなか提案しても採用されない場合は、自分で作品例をいくつか用意してから提案すると、採用されるかもしれません。

なおクラウドソーシングの案件では、単純に「転職系の記事で2000字以上」など、テーマと文字数だけを指定されて記事を書くような案件も多いため、上で説明したようなWEBライティングの基礎を、はじめから知っていなくても採用してもらえる可能性は十分にあります。

ただそれでも、上のような基礎を知っておくほうが確実にクライアントのためにもなりますし、自分の単価をアップさせていくためにも大切なポイントになります。

ちなみに ランサーズ などのクラウドソーシングを使うメリット・デメリット、そして月5万円稼ぐために知っておきたいポイントなどは、こちらの記事でも説明しています。実際に仕事をする前にチェックしてみてください。

クラウドソーシングのライティングで副業:月5万円確実に稼ぐための4つのポイント!

2018.08.06

ランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサー

<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です