クラウドソーシングのライティングで副業:月5万円確実に稼ぐための4つのポイント!

スポンサー




今回は、CrowdWorksや ランサーズ などのクラウドソーシングで、月5万円稼ぐために大切なポイントについて説明していきます。

自分の好きな時に好きな場所でお金を稼ぐことができる方法なので、副業を探しているサラリーマンの人にもおすすめです。

クラウドソーシング「ランサーズ」

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングは、仕事の受注から納品まで、すべてをインターネットだけで完結させられる、便利な仕事検索サービスになります。

具体的には、 ランサーズ や、CrowdWorksなどのサービスが特に有名で、これらのサービスだけで、生活するだけのお金を稼ぐことも可能になります。

ちなみに、デザインやシステム開発などの、専門的なスキルが必要になる仕事もたくさんありますが、どちらかというと、リサーチや文章の作成など、パソコンを使える人であれば誰でもできる仕事が多く募集されています。

普段の仕事の知識はもちろんですが、趣味や家事・育児などの経験をそのまま仕事に活かすことも可能です。

クラウドソーシングを使うメリットとデメリット

クラウドソーシングを使うメリット

クラウドソーシングのサービスを利用して仕事をするメリットは、大きく分けて以下の3つです。

  1.  特別な技術がない人でも仕事を受注することができる
  2.  場所や時間にとらわれず、PCをつかって自分のペースで仕事ができる
  3.  仕事を始めてから、すぐに収益を得ることができる

 

① 特別な技術がない人でも仕事を受注することができる

何よりも一番のメリットは、パソコンを問題なく使える人であれば、特別な技術を持っていなくても仕事ができるところです。

特別なスキルを持っていない人向けの仕事には、データ入力やアンケートへの回答など、様々な種類の仕事がありますが、その中でもライティングの仕事はお金をより多く稼ぐのに、一番効率的な方法といえます。

ちなみに小説家のような文章力が必要になるわけではなく、読む人にしっかりと伝わる、分かりやすい文章が書ければ、問題なく仕事を受注できます。

 

② 場所や時間にとらわれず、PCをつかって自分のペースで仕事ができる

普段の仕事やアルバイトとは違って、納期さえ守れば自分の好きなペースで仕事をすることができます。

フリーランスの収入源の1つとして活用できるのはもちろん、平日の夜や土日などの空いている時間を自由に使って仕事ができるので、副業をしたいサラリーマンにもオススメです。

 

③ 仕事を始めてから、すぐに収益を得ることができる

仕事をスタートしてからすぐにお金が得られる事も、クラウドソーシングの仕事をするメリットの1つです。

自分でアフィリエイトなどの副業を始める場合、仕事を始めてからお金が発生するまでに、ある程度時間が必要になりますが、クラウドソーシングの場合は依頼されたものさえ納品すれば、必ずお金をもらうことができます。

ちなみにLancersの場合は、2週間ごとに報酬が精算される仕組みになっているため、毎月2回に分けて収入を得ることもできます。

 

クラウドソーシングを使うデメリット

反対にクラウドソーシングを利用するデメリットは、大きく以下の3つに分けられます。

  1. 仕事の依頼主がどんな人か分からない
  2. 手数料が発生する
  3. 単価が著しく低い悪質な案件もある

 

① 仕事の依頼主がどんな人か分からない

クラウドソーシングは、対面せずにオンラインだけで完結するサービスのため、仕事を依頼してくれる人がどんな人なのか分からないことがデメリットです。

中には会社名などを記載してくれている場合もありますが、ニックネームでサービスに登録している人も多いので、依頼されている仕事内容からその依頼主を判断することが必要になります。

 

② 手数料が発生する

クラウドソーシングを利用すると仲介料として手数料が発生することになっています。

本来、直で取引する場合は発生しないお金になりますし、依頼金額が大きくなればなるほど手数料も大きくなるためもったいないと感じてしまう人が多いかもしれません。

 

③ 単価が著しく低い悪質な案件もある

依頼する仕事内容やその金額は、依頼主が自由に設定できるようになっているため、良質な案件もあれば、安く使われて消耗するだけの案件もあります。

仕事に応募する際は、条件や仕事内容をしっかりと確認したうえで応募するように注意しましょう。

 

クラウドソーシングで月5万円稼ぐための4つのポイント

①ライティングの案件に応募しよう

デザインやプログラミングなどの特別なスキルを持っていない人は、ライティングの仕事を中心に応募しましょう。

ライティングの仕事は、他の仕事よりも専門的で高度なスキルがそこまで要求されないため、初心者でも比較的仕事が始めやすく、ある程度安定的に収益を得ることができます。

ちなみに募集されている仕事の中で、数が一番多いのはライティングの仕事で、2018年7月時点では1085件の仕事が募集されています。

仕事の数が多いだけでなく、不動産・建設・WEB・保険・子育て・着物・ペット関連など、本当に幅広いテーマの案件が募集されているため、担当できる仕事を必ず何かしら見つけられるはずです。

②案件に応募する際のポイント

まずは依頼主が何を求めているのか、正確に把握することが大切です。

相手が欲しいものは醤油ラーメンなのか、それとも塩ラーメンなのか出来るだけ細かく把握して、実際にそれを自分が相手に提供できると理解してもらえるように提案することが大切です。

③実績のアピールは特に大切!

上でも記入したように、依頼に応募する際は、自分に出来る事や提供できる事を記載して、要望にしっかりと応えられることをアピールするわけですが、その際に何よりも一番説得力を持つものは過去の実績です。

ライターの場合は過去に作成した記事をサンプルとして複数提示するのが有効です。

初心者の場合はそういった実績がない人がほとんどになりますが、魅力的な案件を見つけた場合は、案件に応募するために自分で応募するために記事を書いて用意するのもおすすめです。

もし仮にそれが採用されなくても、作成した記事は次の違う機会にまた利用することができるので無駄になりません。

それくらいサンプルの記事があるかないかは大切なポイントになるので覚えておいてください。

また、記載するテーマに関する資格を持っていることも、有効なアピール材料になる可能性がありますので、忘れずに伝えるようにしましょう。

④文字単価以外のポイントも大切に

仕事に応募する際、案件の単価がいくらかはとても大切なポイントになりますが、文字単価だけにとらわれてしまうと、かえって損をすることになります。

というのも、仮に単価が高い案件でもリサーチしながら内容を記載するものだとその分時間も多くかかってしまい、時給換算するとそこまで高くない案件になってしまうことがあるからです。

逆に単価が低い案件でも、自分の興味があるテーマや知識があるものだと、スラスラ文章が書けるので、時給換算するとお得な案件になる場合もあります。

月5万円稼ぐために必要な時間の検討

クラウドソーシングのライティング案件において、初心者が月5万円を稼ぐために必要な時間を、以下の通り検討しました。

ケース文字単価(円)2,000文字当たりの作成時間(時間)5万円稼ぐための文字数(文字)5万円稼ぐための時間(時間)
10.826250062.5
2125000050
3222500025

案件の受注状況等にもよりますが、一般的な文字単価であれば、おおよそ60時間/月~25時間/月程度の時間を費やすことで、月5万円の収益を確保できるとの結果になりました。

 

文字単価を上げよう

上表のように、文字単価によって、作業時間が大幅に変動することが確認できます。

効率的に収益を上げるためには、まず文字単価を上げる注力をすることが、最重要項目です。

単価が低い案件を多くこなすより、ある程度ライティングの知識を付け文字単価の高い案件を受注していくことが、中長期的にな戦略としては断然、優位です。

文字単価の上げ方

文字単価の上げ方は、以下の通りです。

  • 文章の構成を意識した記事の作成ができるようになること
  • 適正なキーワードの設定ができるようになること
  • 内的SEOを意識した記事が作成可能になること
  • クライアントの意向を勘案し、その戦略を理解すること
  • アフィリエイトの仕組みを理解し、提案を行えること
  • 実績をつけ、信頼を得ること

どんな仕事でもそうですが、どんどん自分の提案をしていくことが、クライアントの信頼を得ること、自らの能力アップにつながってくと思います。

文字単価が上がれば、爆発的に収益が上昇しますので、ぜひ実績とスキルを身に着け、文字単価上昇を狙っていただければと思います。

ランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサー

<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です