脱サラを目指す!フリーランスになるメリットとデメリットを徹底解説

スポンサー




今回は、脱サラを目指しフリーランスになることを検討中の人に、フリーランスとしてのメリット・デメリットや、その稼ぐ方法・注意点について説明していきます。

フリーランスとして仕事をするメリットとデメリット

フリーランスとして仕事をするメリット

フリーランスのメリットとデメリットは以下の通りです。

 メリットデメリット
1仕事をする際の自由度が高い仕事が常に保証されているわけではない
2自分の頑張り次第で、収入をどんどん増やしていくことが出来る老後の年金対策を自分で行う必要がある
3全て自分で決断することが出来る営業から経理まで、全て自分で管理する必要がある

 

メリット

フリーランスのメリットは、大きく以下の3つに分けることができます。

  1. 仕事をする際の自由度が高いこと。
  2. 自分の頑張り次第で、収入をどんどん増やしていくことが出来ること。
  3. 全て自分で決断することが出来ること。

① 仕事をする際の自由度が高いこと

フリーランスは、場所や時間を選ばずに、自分のペースで仕事をすることが出来ます。

サラリーマンのように、基本的に、拘束された時間に応じて報酬が発生するような働き方ではなく、依頼されたものをしっかりと納品したり、求められるサービスを提供することが出来さえすれば、文句を言われることはありません。

自分のお気に入りのカフェや公園などで、早朝の時間だけ作業するというような働き方も、場合によっては可能です。

 

② 自分の頑張り次第で、収入をどんどん増やしていくことが出来ること

サラリーマンは、どんなに頑張って成果を出しても、それが給料に反映されたりするのは少しだけだったり、ひどい場合は、まったく給料に反映されないケースもあったりします。

しかし、フリーランスの場合は、自分の頑張りがそのままダイレクトに報酬に反映されます。

ですので、しっかりと成果を出せば、依頼は増えますし、技術や信頼を得ることで、単価をアップさせることができます。

 

③ 全て自分で決断することが出来ること

どの仕事を受けるのか、それとも断るのか、今年は特に何に注力をするのかなど、仕事に関するあらゆることを、全て自分で決断できることも、フリーランスとして働くメリットです。

これはリスクも伴う特徴ですが、他人に指示されて仕事をするのではなく、自分でプランを組んで、物事を進めていきたい人には、特に大きなポイントになります。

 

フリーランスとして仕事をするデメリット

デメリット

一方のデメリットは、大きくこちらの3つに分けられます。

  1. 仕事が常に保証されているわけではないこと
  2. 老後の年金対策を自分で行う必要があること
  3. 営業から経理まで、全て自分で管理する必要があること

 

① 仕事が常に保証されているわけではないこと

サラリーマンは、最悪、会社に出社をして決められた仕事をしていれば、給料を貰うことができます。

しかしフリーランスは、毎回ひとつひとつの仕事内容で、自分のことを判断され、それによって次の依頼がもらえるかどうかも変わってくることになります。

ちなみに、こういった部分を特に不安と感じる人は多いと思いますが、やりたい事は特に決まっていないけれど、とにかくフリーランスになりたいという場合は、エンジニアも選択肢の一つにいれると、いいかもしれません。

エンジニアはフリーランスの中でも特に需要が高く、フリーランス向けのエージェントもあり、技術があれば仕事がなくて困る可能性は低いと言われています。

 

② 老後の年金対策を自分で行う必要があること

フリーランスは、老後の年金対策も、自分でやる必要があります。国民年金に上乗せされる厚生年金に加入が出来ないため、その分を埋め合わせるように、国民年金基金など、自分でフリーランス向けの年金制度について調べる必要があります。

こういった国民年金基金などの制度は、節税にもつながるフリーランスにとって大事な制度になるため、出来るだけ早めに調べて対策することが大切になります。

 

③ 営業から経理まで、全て自分で管理する必要があること

仕事を貰うところから確定申告のための経理まで、全て自分一人で行う必要があることも、フリーランスのデメリットのひとつです。

自分のやりたい事や専門分野のことだけに集中出来るようにするためには、お金をかけて外部の専門家に依頼したり、専用のサービスを利用する必要があり、いずれにせよサラリーマンの時よりも幅広い知識が必要になります。

フリーランスとして稼ぐ方法

フリーランス_稼ぐ方法

フリーランスとして稼ぐ方法は、大きく以下の3つで、加えてそれらのメリットとデメリットを検討しています。

仕事を獲得する方法メリットデメリット
① 知り合いからの依頼や営業知り合いとの仕事になるため、融通がききやすい。単価などの交渉がしにくい。
② フリーランス向けのエージェント経由単価が高く、仕事がもらえる期間もある程度保証されている。会社に常駐する働き方になる。
③ クラウドソーシング仕事の数が多い(特にライティング案件)・対面せずに完結するため、仕事相手がどんな人か分からない。

・案件によってクライアントの質がバラバラ。

① 知り合いからの依頼や営業によって仕事を獲得する

一つ目は、今までの知り合いから仕事を貰ったり、新しく知り合った人に営業して仕事をもらう方法です。実際に会ったことがあって、知っている人と仕事をするので、仕事がしやすく、また次の人を紹介して貰えたりする可能性も高くなります。

ただ営業といっても、実際に足を使って仕事を貰うことだけではなく、ブログやTwitterなどのSNSを使うことも営業の一つで、実際にこういった経路で仕事を獲得しているフリーランスの人も多いようです。

営業やコンサルタントやライターなど、フリーランスには様々な職種の人がいますが、どんな職種にも共通して有効な方法になります。

② エージェントに登録して案件を紹介してもらう

2つ目は、フリーランス向けのエージェントに登録して、仕事を紹介してもらうという方法です。主にエンジニアやデザイナー向けのもので、会社に常駐するかたちにはなりますが、比較的単価も高く、契約期間もある程度保証されている働き方になります。

エンジニアやデザイナーの方で収入面に不安がある場合は、週3日エージェント経由で仕事をし、他は在宅で仕事をするという働き方もひとつです。

レバテックフリーランスポテパンフリーランス など、様々なフリーランス向けエージェントがありますが、MIDWORKSというエージェントは特にユニークで、仕事が決まらなかった場合でも、スキルがしっかりあれば給与の80パーセントを支払う「給与補償制度」というものを用意していたりします。

フリーランスの中でも、特にエンジニアはニーズが大きい職種になり、就職を保証するスクールや、就職が決まると学費のキャッシュバックがあるなど、サポートがとても充実しています。

ちなみにポテパンキャンプは、スキルを身につけて転職が決まると、学費の全額がキャッシュバックされます。

【ポテパンキャンプ】

③ クラウドソーシングなどの仕事紹介サービスを利用する

3つ目は、CrowdWorks クラウドソーシング「ランサーズ」 などのクラウドソーシングを利用する方法です。上のエージェントを利用する形とは違い、代理人の人を挟まずに、自分で直接クライアントに提案・交渉して、仕事を獲得する方法になります。

エンジニアやデザイナーはもちろんですが、フリーランスのライターになりたい人に特にオススメのサービスで、ライターの案件数が一番多いことも特徴です。

クラウドソーシングのメリット・デメリットや、副業で月5万円確実に稼ぐためのポイントについては別の記事でもまとめていますので、興味がある人は、こちらを読んでまずは副業から始めてみるのもいいかもしれません。

クラウドソーシングのライティングで副業:月5万円確実に稼ぐための4つのポイント!

2018.08.06

フリーランスとして仕事を始める前に注意したい事

フリーランス_注意したいポイント

フリーランスは、収入面や社会的保障などの面で、サラリーマンよりも不利になってしまうため、そういったところをカバーしてくれる便利で役立つ制度を知っておくことも大切です。

特に確定申告ではいかにして節税するかがとても大切なポイントになり、白色申告にするか青色申告にするかなど、制度について知っているかいないかだけで65万円分節税額が変わったりと、自分が負担する税金の金額が大きく変わってくることになります。

また、先ほど上で紹介した国民年金基金をはじめ、ふるさと納税 個人型確定拠出年金(ideco)など、節税にもつながって、なおかつ役に立つ制度ですから、出来るだけ抑えておくようにしましょう。

あなたが脱サラしたいと考える理由は?

脱サラ_理由

フリーランスとして働くメリット・デメリット、そして実際に仕事をしていく際に知っておきたい大切なポイントなどについて紹介してきましたが、そもそもなぜ脱サラすることを考えるようになったのか、その理由や不満について、しっかりと整理することも大切です。

自分の不満を解決する方法として、フリーランスになることがベストなのであればよいですが、人によっては脱サラではなく、違う会社へ転職する方がベターという場合もあります。

仕事内容に不満があるのか、それとも職場の人間関係に不満があるのか、そしてそれらはどうすれば解決することができるのか、しっかりと整理してみましょう。

ちなみに、転職エージェントには、リクルートエージェントマイナビエージェントなど、たくさんの種類があってどこを選べばいいか分からないという人も多いかと思いますが、一つだけに絞る必要はありません。

むしろ複数のエージェントに登録する方が、有利に転職活動を進めていけますので、忘れずに覚えておきましょう。

ランキング参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサー

<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です